NEW

医療法人 脳神経研究センター 新さっぽろ脳神経外科病院さまのご紹介

2024.07.05

新さっぽろエネルギーセンター(以下、新さっぽろEC)は、病院、商業施設、ホテル、マンションの7棟の建物で構成される新さっぽろ駅周辺地区に電気・熱をお届けしています。
新さっぽろ駅周辺地区は、低炭素で災害に強い街づくりを先導するプロジェクトとして、街区全体のエネルギーを効率的に管理するためのシステム「CEMS(地域エネルギーマネジメントシステム)」と各施設さまのご協力により、街区全体で省エネを支えています。

今回のエネトピでは、脳神経外科救急医療および脳卒中の予防を中心に、地域の皆さまの健康づくり・社会復帰に尽力している医療法人 脳神経研究センター 新さっぽろ脳神経外科病院さまの取り組みについてご紹介します(病院の公式HPはこちらから)。

◆省エネ、省COへの取り組み

新さっぽろ脳神経外科病院さまは、新さっぽろECとも連携し、省エネ・省COへの取り組みも実施しています。

その1つが、CEMSとの連携による「自動デマンドレスポンス(以下、ADR) 」です。
ADRとは、エネルギー需給のバランスを調整するCEMSの機能であり、代表的例として、ここでは自動空調機器制御の機能をご紹介します。通常は、施設管理者の方がその施設の空調制御を手動で行いますが、ADR機能を用いることで、CEMSが自動的に空調を制御し、人の手を借りずに省エネ・省CO2を実現することができます。

リハビリテーション室
ERセンター入口
病棟デイルーム
手術室

今後とも、新さっぽろECでは、街区一帯にエネルギーを安定供給し地域の安心・安全な暮らしを支えてまいります。

——————————————————————————

※1 RI(核医学検査)

RI(Radio Isotope:放射性同位元素)を用いた「放射性医薬品」を体内に投与して、疾患の診断を行う検査であり、細胞の機能や代謝情報を画像化・数値化することで、良悪性の鑑別・病期決定・治療効果を判定できます。

※2 DSA(デジタルサブトラクション血管造影撮影法) 頭蓋骨の中の頭の血管だけを鮮明に観察することができる検査であり、患者さんに対する